オザキクリニック新宿院・目黒祐天寺院 医師

Dr.中島 キレイを磨く美活サポート

プロフィール

中島 三恵

Author:中島 三恵
オザキクリニック新宿院・目黒祐天寺院 医師

お客さまの不安を取り除けるようなカウンセリングを常に心がけています。施術前に質問や疑問、不安なことがあれば何でも話してくださいね!

〈 経 歴 〉
2000年 埼玉医科大学医学部 卒業
2000年 埼玉医科大学病院 消化器一般外科Ⅱ 入局
2003年 埼玉医科大学病院 形成外科 入局
2010年 さくらクリニック 訪問診療、柴崎皮膚科医院 勤務
2011年 オザキクリニック

〈 得意な施術 〉
たるみ治療、美肌治療、美容内科

オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

2013/09/13

季節の変わり目に、スキンケアの見直しを

皆様、こんにちは。

ようやく朝晩など涼しくなり、過ごしやすい日も増えてきましたね。
空気が爽やかになるのはうれしいですが、
温度や湿度が変化する季節の変わり目は、
肌のトラブルが増えたり、デリケートになりがちです。
毎日のスキンケアも、少し気を使ってあげるといいですね。

スキンケアで大切なのは、
乾燥や紫外線、花粉など外的環境から肌を守ること
また、肌を刺激しないことです。

まず、洗顔は決して顔をこすらないように。
洗顔料はしっかり泡立て、
肌に指ではなく泡が触れるようにして、
やさしく洗ってください。

指でゴシゴシこすると、
炎症や色素沈着を引き起こしたり、肝斑を悪化させる原因にもなります。
ゴシゴシ洗顔をやめただけで、肝斑が改善された方もいるんですよ。

そして、洗顔の後はしっかり保湿してください。

私はというと、空気が乾燥するこれからの季節は、
ドクターラインの乳液9thヴェールミルクをたっぷり使って、
肌の乾燥を防ぎます。
夏は、皮脂が分泌されるので、ゲル状の美容液プレミアムゲルⅡ
メインにして、口の周りなど乾燥する部分にのみ、ミルクを重ねます。
190011_1[1] 190015_1[1]

季節の変わり目を乗り切るためには、こんな風に
肌の状態に合わせて、使用するスキンケアアイテムや
量を調節すること
も大切です。

毎日鏡を見て、指で触れてみると、
季節などにより肌の状態が変化するのがよくわかると思います。
自分の肌と相談しながら、丁寧にケアしてあげてくださいね。

この記事にコメントする


秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
  

オススメ情報

  • Dr.小﨑のエクセルエイジ入門
  • Dr.吉田の究極のアンチエイジング

Twitter

Facebookもチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。