オザキクリニック新宿院・目黒祐天寺院 医師

Dr.中島 キレイを磨く美活サポート

プロフィール

中島 三恵

Author:中島 三恵
オザキクリニック新宿院・目黒祐天寺院 医師

お客さまの不安を取り除けるようなカウンセリングを常に心がけています。施術前に質問や疑問、不安なことがあれば何でも話してくださいね!

〈 経 歴 〉
2000年 埼玉医科大学医学部 卒業
2000年 埼玉医科大学病院 消化器一般外科Ⅱ 入局
2003年 埼玉医科大学病院 形成外科 入局
2010年 さくらクリニック 訪問診療、柴崎皮膚科医院 勤務
2011年 オザキクリニック

〈 得意な施術 〉
たるみ治療、美肌治療、美容内科

オザキクリニック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

2013/08/09

夏に気になる多汗症・わきがの治療法

皆様、こんにちは。

今回は、夏にご相談の多い
「多汗症・わきが」の治療についてお話しします。
治療法はいくつかあり、症状やご希望に合わせて、
ご提案しています。

脇の汗じみやムレた匂いが気になるという多汗症の方には、
『わきボトックス』がおすすめです。

汗腺の働きを抑える治療で、汗がゼロになるわけではないのですが、
発汗量をかなり減らすことができます。
効果は4~6ヶ月続くので、いま受けていただけば、
この夏の間中持ちます。
施術は、ボトックスを脇の下に注射するだけですから、
ダウンタイムも傷跡もありません。
botox_s[1]
オザキクリニックでは、アラガン社製の『ボトックス』を使用しています。


わきがの場合は、
匂いの一因である汗腺・アポクリン腺を取り除く治療が効果的です。

傷を残したくない方、ダウンタイムを抑えたい方には、
『アキシラレーザー』がおすすめです。
直径1mmほどの細い管を脇の下に挿入し、
アポクリン腺にレーザーを照射して破壊します。
ごく小さな穴から施術を行うので、傷跡はほとんど残りません。

わきがの匂いをしっかり解消したいという方には、
『ハンドリムーバル法』がおすすめです。
脇の下をしわに沿って切開し、
オレンジ色の粒状に見えるアポクリン腺を、
一つひとつ残さないよう除去していきますので、確実な効果が得られます。
傷跡は目立たなくなりますが、手術ですので多少のダウンタイムを生じます。

また、わきがにお悩みの方で、
いきなり手術を受けるのは抵抗があるという方は、
まず『わきボトックス』を受けてみるのもいいかもしれません。
というのは、わきがの匂いは、
汗腺が存在することと、汗により雑菌が繁殖することで起こります。
『わきボトックス』で汗の量を抑えるだけで、
匂いが大幅に抑えられたという方もいらっしゃいます。

これからの季節、汗や匂いは気になりますよね。
負担の軽い治療法もありますので、ぜひ、お気軽にご相談ください

※当院のわきが治療について、詳しくはこちらをご覧ください。
※アキシラレーザーは、新宿院でのみ取り扱っております。

  

オススメ情報

  • Dr.小﨑のエクセルエイジ入門
  • Dr.吉田の究極のアンチエイジング

Twitter

Facebookもチェック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。